蒼焔の艦隊 アピールポイントが力不足 潜水:伊13(光作戦)




潜水:伊13(光作戦)は伊153と組ませれば、凌雲の天砲等の潜水艦を優先して攻撃する砲撃戦技に対して艦隊の被害を減らす役割を担わせる事が出来ると思います。そんなややこしい事をせずに攻撃用の潜水艦として使いたいと言うならば、その方が良いような気がしないでも無いです(汗)実装時点ですと事実上凌雲の天砲対策ですしね。
伊153と組ませて対戦艦用で使う場合に良さそうなのは第5枠目は深海ノ黒影、1枠目を軍略戦技:百折不撓の潜艦、2枠目を反撃戦技:陥穽の反雷等が良いかも知れません。反雷の滅衝の発動率が低いのは置いたとしても、この運用だと活躍出来るかは相手の搭載戦技に依存しますし、編成枠を2つ使うしで使う場面はかなり限定されますね。



戦技:対潜の鋭雷 錬成効果で最大威力180%になる単体に雷撃を3回行う狙い直し戦技 強力な攻撃戦技ですので抜き出しても可
戦技:反雷の滅衝 性能自体は良いのだが発動率が低い。当てにして使うには中々厳しい



修理不能の迎撃戦技をガンガン発動させるとヤバいかもしれないので、発動率低めで作ってみました感。その結果どうにも為らないことには為らないように強めの攻撃戦技もセットで載せて悪い方向に行っても素材としての価値は維持する売り込み方でしょうか。
提督たちがどう使うかの実験枠的な艦のような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。