蒼焔の艦隊 黄金の国の代わりに!戦艦:扶桑(スリガオ海戦)




戦艦:扶桑(スリガオ海戦)はジパングコラボ戦技:黄金の国の互換戦技:伝搬する鋼の意思を持っています。戦艦大和(ジパング)との差異は、初期搭載戦技が攻撃戦技ではなく反撃戦技なので戦技構成の自由度が低い事です。とは言え大きな問題にはならないと思います。
運用面では局地戦や高難易度イベントで活躍できる艦です。攻撃役を担うことになりますが第5枠目が軍略戦技ですので攻撃戦技と後一つを何にするか?攻撃役にする場合は、先駆戦技・攻撃戦技・追撃戦技の3つから何を選ぶかになるので余り選択肢はないでしょう。
覚えさせると良さそうな戦技は第5枠目は神木の加護かインクリースアタック、1枠目を攻撃戦技:凌雲の天砲か霊峰の憤怒、2枠目を攻撃戦技:サステインバーストなどが良いのではないでしょうか。



戦技:伝搬する鋼の意思  自身の回復効果が50%だが国籍艦種指定無しに撃沈回避を付与出来るので扱い易さでは黄金の国に勝ります。
戦技:逆境からの猛攻   発動率の高い狙い直し反撃戦技 優秀な反撃戦技だが伝搬する鋼の意思がダブつかない限り抜き出すことにはならないかと



扶桑(スリガオ海戦)、扶桑はスリガオ海峡の夜戦で最後を迎えました。特徴的な艦橋は船体から分離して45mほど離れた場所で横倒しになって沈んでいるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。