蒼焔の艦隊 沈まぬ艦載機!空母:飛竜(セイロン沖海戦)




空母:飛竜(セイロン沖海戦)は艦載機減少を防ぎ狙い直し先駆戦技を持つ強力な攻撃型空母です。重火力重装甲の空母ですが、速力は平均的なので先駆戦技同士の撃ち合いになるとやや分が悪い為、速度バフデバフやパーツで補いましょう。基本的な運用は空母:飛竜(セイロン沖海戦)の打撃力は滅牙の攻爆に集約されるので攻撃戦技は余り気にしなくても良いかも知れません。また、戦技:夢幻の龍神が夜間でも発動可能なので夜戦で使うかどうかでも乗せる戦技は変わると思います。
僚艦に哨戒戦技:闇夜の征服者を載せた空母がいる場合は第5枠目はコークスクリューか滅尽の翼撃に1枠目は哨戒戦技:集う群千鳥、2枠目は邁進する鳳凰等で、自前で夜間発艦戦技を載せる場合は第5枠目は諸刃の空撃や空撃ニテ烏有ニ帰スに1枠目は哨戒戦技:十六夜の機影と2枠目に哨戒戦技:集う群千鳥等が良いと思います。



戦技:夢幻の龍神 夜間でも発動可能な不滅の鳳凰の上位互換戦技
戦技:滅牙の攻爆 錬成効果で最大威力140%の狙い直し先駆戦技 条件付きで装甲無視が追加ですが、
夢幻の龍神付きなので常時装甲無視



セイロン沖海戦は日本海軍の勝利で終わりますが、セイロン沖海戦で暗号が解読されイギリス東洋艦隊がセイロン島海域で待ち伏せていた事、付近に敵空母の存在の疑いがあると判断した後も偵察が不徹底で南雲機動部隊の近距離で行動していたイギリス東洋艦隊を発見できなかった事、コロンボ攻撃の際に英巡洋艦が発見し、兵装転換を行った事、第一航空艦隊がイギリス空軍機の接近に気づかず空母赤城が攻撃換装中にイギリス空軍爆撃機9機に奇襲された事は、直後の6月に発生したミッドウェー海戦と類似しており、戦訓を活かせなかったという意見もあり、また、日本の損害がきわめて少ないのに比べ、戦果は大きく、これが反面作戦を安易に考える気分も生じさせ、ミッドウェー海戦に悪影響を及ぼした可能性も指摘があるそうです。
現場で云うヒヤリハット事例、勝って兜の緒を締めよ!を地で行く流れに思えますね。この辺りは現代でもそうですが、大丈夫だったから、勝ったからで考察検証を怠った結果が大事故大惨事に繋がるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。