蒼焔の艦隊 第14回チャンピョンズトーナメント決勝戦 


第14代チャンピョン優勝おめでとうございます!!色々あっていつも撮れないのですが今回は巧く撮れましたw今回は表示がゆっくりだったような気がする。
今大会はコラボ戦技黄金の国が大人気でしたが、反撃戦技のない復活戦術では速度で劣った場合は何も出来ずに落とされる場合も見られました。やはりカウンターあっての復活戦術となのでしょう。後は極空母に媒鳥ナル誘鶴x5搭載艦と潜水艦が相変わらず人気でしたね。その中でカウンター復活戦術で邁進するチャンピョンは異彩を放っていたように思います。



チャンピョン使用戦技
旗艦スキル:鉄壁の防人
戦艦:伊勢(航戦改装仕様) 黄金の国 金剛不動の構え 堅牢なる門番 カウンターバレット 敵地滅却の大筒
重巡:熊野         極限の操艦x3 全砲門斉射IV
戦艦:超大和極       黄金の国 金剛不動の構え 重甲なる巨砲 ロイヤルレイン カウンターバレット
戦艦:戦艦信濃極      黄金の国 金剛不動の構え カウンターバレット 驟雨の砲火 ロイヤルレイン
戦艦:大和極(天一号作戦) 黄金の国 金剛不動の構え カウンターバレット 驟雨の砲火 ロイヤルレイン
重巡:みらい(マリアナ沖海戦)不滅の鉄鬼軍 武力超越の加護 夜鶴の目 91式携帯誘導弾 トマホーク
挑戦者使用戦技
旗艦スキル:終焉を見届けし駆逐艦
駆逐:雪風極(ソロモン海戦)神助の雷撃x2 勇敢なる進撃 天舞う龍の眼差し 紡がれた信念
重巡:衣笠(サボ島沖海戦) 颯ノ衣x3 峻厳の咆哮 報復の撃鉄
空母:インデペンデンス極  媒鳥ナル誘鶴x5
戦艦:紀伊極        同士の盾 金剛不動の構えx3 黄金の国
軽巡:阿賀野極(ブーゲンビル海戦)天舞う龍の眼差し 強襲連雷 天雷の終撃x2 鬼人の咆雷
潜水:伊15極       深海の潜影 海神の三叉戟 百折不撓の潜艦x3



お互いの戦術ですが、チャンピョンは復活カウンター戦術に相手の主兵装が雷撃と見て熊野による雷撃回避付与という構成です。
対する挑戦者の戦術は主力の水雷戦隊の打たれ弱さを保護するために反撃も防げる同士の盾を載せた復活特化の盾艦を用意し媒鳥ナル誘鶴x5を巻いて紀伊極の支援するサブ盾空母に更にチャンピョンの主兵装を砲撃と読んで颯ノ衣x3を巻いて盾艦支援と同時に水雷戦隊の生存率を高めます。カウンターを食らっても用意に沈まぬ状況からの再行動付き狙い直し戦技で沈めにかかり、それが駄目な場合でも潜めておいた潜水艦で止めを刺すという相手を絡め取っていくような練られた物だったのですが。展開を見るにお互いに相手の戦術を読み切って自らの思い描いた展開にはなっていたように思います。



勝敗はカウンター復活戦術に集中して編成したチャンピョンに軍配が上がりました。挑戦者は初手の先駆戦技でカウンターバレットを撃たせたのも痛かったですが、阿賀野極(ブーゲンビル海戦)の一撃目を伊勢(航戦改装仕様)で殆ど受け止めて反撃対策の紀伊極をカウンターバレットで2回目の撃沈回避を使わせます。再行動の2撃目で沈めたものの後は回避を剥がすだけで戦果がなく、雪風極の攻撃はバラけるので撃沈回避回数を使い切らせるまでは行かずにチャンピョンの狙い通りに複数の艦からのカウンターバレットが発動、挑戦者の水上艦の回避を剥がしきります。後はカウンター戦技を持たない挑戦者の艦隊をチャンピョンの手番で沈めて伊15極のみ。潜水戦技を持たない艦隊と極限の操艦x3を突破できない伊15極の戦いは膠着状態に陥り、チャンピョンの判定勝ちとなります。
判定狙いなら対潜戦技は要らないですし、爆雷艦を入れていたら挑戦者の攻撃を凌げなかったか、洋上艦を沈めきれなかった可能性があります。この戦いは勝ち方を最後どうするかを含めて読み切ったかどうかが勝敗を分けたのではないかと思います。
今大会はコラボ戦技が大人気でした。草加少佐のご尊顔が延々出てきて若干くどいと思ったのは内緒なのとみらいが決勝戦で活躍してて私個人は嬉しいですw
新鮮技もまた出てきているのでどのような変化があるのか次回大会も楽しみにしています^^















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。