蒼焔の艦隊 空母に手痛い一撃を!!軽巡:五十鈴(南太平洋海戦)




軽巡:五十鈴(南太平洋海戦)は先駆戦技:空穿つ貫雷で空母に一撃を入れるのが特徴の軽巡です。錬成効果で雷撃ダメージ最大30%アップを持ち、雷撃は高いですが速度が余り高く無いので役割を攻撃にするか支援にするか手持ちの艦と相談になると思います。攻撃役にする場合は速度を補う戦技を自前で用意させる方が後々編成し易くなるでしょう。支援型として使う場合はデバフを巻いて空穿つ貫雷を撃った後に沈んでいなければ攻撃に参加出来れば良いなと云う位で戦技を構成するのが良い気がします。支援型で使うときは相手の艦隊に潜水艦が居ないときに出す場合が多くなると思います。今は木曽と矢矧に第5枠が先駆戦技で追加されていますし。



覚えさせると良さそうな戦技ですが、攻撃役としての戦技構成は第5枠は駆け巡りし稲妻を1枠目は軍略戦技:天舞う龍の眼差しが号哭の雷鳴を2枠目は追撃戦技:追滅の双爪か軍略戦技:ブレイクロスト等の撃沈回避戦技が良いのではと思います
支援型として使うなら第5枠目は難航の荒波1枠目は哨戒戦技:絡みつく荊棘を2枠目は軍略戦技:龍の共鳴が良いと思いますし、先駆戦技:空穿つ貫雷だけ撃てば良いのなら5枠目を不動の一睨1枠目を軍略戦技:難航の荒波2枠目は軍略戦技:対空一斉射も良いのではと思います。



戦技:空穿つ貫雷  空母を整備不良にする先駆戦技 攻撃回数を1回減らしてくれます
戦技:蒼海を這う散雷 身代わり戦技無効の装甲無視範囲攻撃戦技 盾艦の立場が更に無くなる戦技



太平洋戦争開戦時には旧式化しつつありましたが、完成時は高速軽巡洋艦として水雷戦隊の旗艦に適した優秀な艦であったので南太平洋海戦では臨時に第二水雷戦隊の旗艦となったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。