蒼焔の艦隊 幽影戦のバフ構成を完成へと導く艦なのか!?重巡:愛宕(レイテ沖海戦)




重巡:愛宕(レイテ沖海戦)は火力・砲撃ダメージ・クリティカルと三種セットでバフを付与できる重巡です。汎用使いも可能な重巡ですが、やはり幽影戦での活躍が一番力を発揮する艦だと思います。錬成効果でクリティカル確率30%上昇が付いているのでクリティカルバフに軸足を置いた構成も良いのではと思います。
覚えさせると良さそうな戦技は第5枠は会心ノ号令を1枠目は攻撃戦技:徹甲貫く弾孔、2枠目は追撃戦技:狩人の追矢か攻撃戦技:闘士たちの円舞曲が良いのではと思います。
クリティカルは別にという人は第5枠は不屈の闘志か武人の覇気を1枠目を哨戒戦技:周到なる布石、2枠目は追撃戦技:狩人の追矢の組み合わせなら攻撃回数と砲撃ダメージバフが両立するので良いのではと思います。



戦技:照り輝く炎威 重複可能な火力値加算バフ戦技。ダメバフだけでは届かない領域へ連れて行ってくれると思います
戦技:海面駆ける戦砲 高威力の先駆バフ戦技 愛宕(レイテ沖海戦)がダブったら重巡:石狩に載せましょう。



愛宕(レイテ沖海戦)は石狩と相互補完させるべく設計されている気がします。お互いの戦技を2つ載せ合うだけでバフ効果が跳ね上がること(汗)
クリティカル上昇系は元となる火力砲撃バフが充実していればダメージスコアの伸びは凄い筈ですが・・・石狩と2隻で火力+1400に3ターン目に砲撃ダメージ最大で+900%(5枠目を不屈の闘志にした場合です)に届かせるのと比べてどっちが良いのかは断言できないですね。
それにしても、構成難度は高いとはいえ2隻でバフがこれだけ付与出来るようになったのですね(遠い目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。