蒼焔の艦隊 終戦間際の徒花かそれとも鼻を明かしたか!潜水艦:伊58(電探増設仕様)




伊58(電探増設仕様)は深度潜航状態になる先駆戦技を載せた使いやすい潜水艦です。戦艦のいる編成相手ではどの局面でも出し易いですが、先駆戦技同士の発動順も速度順なので爆雷系の先駆戦技には注意しましょう。
相手に戦艦が居ない場合は夢幻の急襲は発動せず深度潜航状態になれないので相手の編成を要確認ですが、運用方法は2ターン目までに爆雷艦を沈めておいて止めを刺す方針で問題無いですが、先駆戦技同士での速度順だと潜水艦は基本最後になるので、爆雷先生投射等の爆雷先駆戦技対策で潜特型の奇襲を載せたり、僚艦に軍略戦技:鼓翼ノ晴嵐を使わせたりと速度対策はして置いた方が良い気がします。
単艦運用で行く場合に覚えさせると良さそうな戦技は1つ目は毎ターン水上艦と同じ速力順にする必要があるので軍略戦技:潜特型の奇襲が5枠目は攻撃戦技指定なので撃沈再行動が出来る攻撃戦技:鋼砕の連雷が良いと思います。2枠目の戦技枠には潜水艦対策を兼ねた攻撃戦技:海神の三叉戟か夢幻の急襲を撃つ前に沈められた場合の対策として軍略戦技:深海の黒影やブレイクロストが良いと思います。



戦技:夢幻の急襲 威力160%で最も高い火力の戦艦を狙い撃つチャンピョンズトーナーメントでの運用を意識していると思われる深度潜航先駆戦技。戦艦に限定しているとはいえ深海の潜影での1ターン丸々何も出来ない欠点は解消された。代わりに先駆爆雷戦技に対するリスクを背負った。
戦技:冥界からの襲来 錬成効果で威力200%になる複数回範囲攻撃戦技



伊58は回転作戦に3回投入され、終戦直前に米巡洋艦インディアナポリスを沈めた潜水艦です。戦時急造を推し進めた艦艇なので、資材不足と技術の進歩が絡み合った故の性能の潜水艦なのが興味深いですね。
5枠目の指定が戦技や攻撃戦技だと個人的には組み易い気がします。5枠になって4枠時代のもう一手足り無い感が無くなっているのは大きいですね。チャンピョンズトーナメントでの戦技構成がどうなっているのか気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。