蒼焔の艦隊 第6回チャンピョンズトーナメント 決勝戦




大幅に遅くなりましたが、第6代目チャンピョンおめでとうございます。お名前はゲームやってないなら関係ないし蒼焔の艦隊をやっていれば確認できるので伏せてもあまり意味無いのと、載せておいた方がむしろ良い様な気がしてきたので伏せない事にしました。

御尊顔を抜き出してみたのですが、讃えている感が余り出ていないので今後はもっと何か考えてみようと思います_(._.)_

6代目使用戦技
使用旗艦戦技:未成の4番艦
伊404   鼓翼の晴嵐 深海の黒影 暗闇ヲ迸ル雷跡 海震の弾雷
ハーミーズ極 媒鳥ナル誘鶴x4
衣笠(サボ島沖海戦) 颯の衣x3 峻厳の咆哮
伊201極  暗闇を迸る雷跡 瀬戸の舞 鋼砕の連雷 海神の三叉戟
伊400極(ウルシー湾奇襲作戦)暗闇ヲ迸ル雷跡 瀬戸の舞 雷襲する幻影 海神の三叉戟
伊6     深海の潜影 暗闇ヲ迸ル雷跡 海神の三叉戟 全魚雷乱射IV
挑戦者使用戦技
使用旗艦戦技:夢双の大和型戦艦
戦艦信濃極 交叉レーダー射撃 旭日昇天の大和無双 超級大和砲 カウンターバレット
戦艦赤城極 フレアリロード  旭日昇天の大和無双 超級大和砲x2
伊吹極   媒鳥ナル誘鶴x4
ハーミーズ極 媒鳥ナル誘鶴x4
グローリアス極 媒鳥ナル誘鶴x4
榛名(ダズル仕様)蜃気楼の鎧装x2 超級大和砲 撃滅の反砲



決勝戦は、バルバロッサ氏の回避極振り構成に対してチャンピョンは対超級大和砲構成の潜水艦隊で勝利を収めました。潜水艦構成がチャンピョンになったのは第3回大会に以来2回目になります。
決勝戦での双方の戦術意図はシンプルです。6代目は、1ターン目は鼓翼の晴嵐で行動順を変化させた潜水艦3隻で攻撃を加えつつ相手の超級大和砲を誘発させてハーミーズ極と衣笠(サボ島沖海戦)の戦技で出来る限り凌ぎ、超級大和砲を浪費させる。2ターン目以降の潜らせていた伊6の安全性を上げて沈める。
バルバロッサ氏は圧倒的な媒鳥ナル誘鶴x12と蜃気楼の鎧装x2で攻撃艦を守り反撃も交えつつ沈める。更に潜水艦対策に超級大和砲を4つ積んでいますね。
戦闘の展開は6代目の意図通りに進んだのではないでしょうか。潜水艦の速力で圧倒して先手を取って確定回避を剥がし、ハーミーズ極と衣笠(サボ統沖海戦)を犠牲に攻撃回数を消費させて1ターン目の超級大和砲を凌ぎ切りました。2ターン目の蜃気楼の鎧装は雷撃素通しなのでそのまま沈めきって勝利を収めました。
内容的に戦技の相性で何回かやっても6代目が大体勝つ気がしますね。戦艦赤城極の超級大和砲が2回出ればあるいはという所でしょうか。
潜水艦相手であれば大淀(北号作戦)がいれば対処しやすくなりますが洋上艦編成相手だと無意味なので難しいですね。
次の第7回は潜水艦編成が再び勝つのか、対策されて雌伏の時に入るのか。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。