蒼焔の艦隊 速度こそ正義!回避無用の乾坤一擲!!空母:改大鳳(三四三航空隊)




空母:改大鳳(三四三航空隊)は回避を捨てた速度特化の攻撃型空母です。回避をばら撒いても無意味なので先手を取って連続行動で一気呵成に倒しきることを心掛けましょう。ここまで来ると何をやらせるのか明確なので悩まないで良いですね。火力と速度と索敵が高い尖った性能をしています。反撃や迎撃戦技で落ちないように装甲バフを僚艦に使わせておいた方が良いかもしれません。
覚えさせると良さそうな戦技は1つ目はバフデバフや回復等の付加効果のある範囲攻撃戦技:瘴破の龍爆や破壊と再生の翼を2つ目は追撃戦技:破鎧の追撃等が良いでしょう。今後反撃迎撃不可の範囲攻撃戦技が出てくればそれを載せるのが良いと思います。



戦技:邁進する鳳凰 速度アップ効果は大きいがデメリットも大きい戦技 現状では滅尺の翼撃の発動条件を満たす事の出来る唯一の戦技
戦技:滅尺の翼撃  邁進する鳳凰とセットで使うのが前提の戦技 条件を満たせば強力ですが運用方は限定されたものになります。抜き出して使うならセットで搭載する必要がある。



改大鳳は計画だけで実際には建造されませんでした。三四三航空隊は実在した日本海軍の戦闘機部隊の一つです。改大鳳に配属する予定もなかったと思うのですが、完成していたら制空権を奪還するために三四三航空隊と共に出撃したというifなのでしょう。
「制空権を獲得できないこと、つまり戦闘機隊が負けていることが戦争に負けている原因だ」と考え、制空権を獲得して米の攻勢を食い止めることを期していた剣部隊が、ミッドウェー海戦の戦訓を盛り込んだ改大鳳で出撃していたらどんな戦い方をしていたのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。