蒼焔の艦隊 帰ってきた対潜支援艦 軽巡:大淀(北号作戦)




元祖対潜支援艦大淀が求められる役割はそのままに強化されて帰ってきました。旗艦スキル逆境を覆し旗艦は錬成効果と合わせて対潜値を最大65%アップと大幅な爆雷ダメージ上昇に寄与し、戦技も対潜支援能力に優れています。
今回は高速潜水艦対策戦技:潜没の狩猟者に対象を故障状態にする攻撃戦技:機能故障の爆雷を載せていますが、対潜攻撃能力は高く無いので、戦技:掃蕩爆雷投射を載せて対潜デバフ艦として運用するのが良いと思います。
覚えさせると良さそうな戦技は1つ目は軍略戦技:掃蕩爆雷投射 2つ目は軍略戦技:昏海の雷鼓や攻撃戦技:海裂の閃光等の爆雷ダメージが増加するものが良いと思います。



戦技:潜没の狩猟者  高速潜水艦対策戦技 主に戦技:鼓翼ノ晴嵐へのカウンター
戦技:故障の爆雷   威力は並みですが故障状態にするので故障が発動すれば一撃で沈めれなくても次に繋がります。



北号作戦は、1945年(昭和20年)2月10日から20日にかけて行われた日本軍の撤収、及び輸送作戦であり、日本海軍の歴史において成功を収めた事実上最後の作戦。
大淀最後の晴れ舞台だったようです。私の所だと大淀は未だに現役ですが、手に入れば交代ですね。交代しても大淀ですがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。