蒼焔の艦隊 そのまま使うか抜き出すか 貴重な命中デバフ持ち 軽巡:夕張(対空強化仕様)




夕張(対空強化仕様)は優秀な戦技を二つ持った雷撃値の高い爆雷艦です。そのまま使うなら艦隊の補強を目的とした運用に向いており、その戦技も抜き出して主力で使っている艦艇に載せて補強するのに適しているので、今の編成に物足りなさを感じるのなら引きに行くのも良いでしょう。
雷撃が高いので一昔前なら万能型軽巡として活躍できたと思うのですが、最近の傾向は特化型ですので自らの編成の穴を綺麗に埋める形で構成しないと器用貧乏に成り易いと思います。
雷撃艦として使うのならば攻撃戦技は戦技:荒神雷華や戦技:雷華無双等の装甲無視効果を持つものか、戦技:憤怒の雷轟を使って雷撃バフを撒くのも良いかも知れません。もう一つは攻撃戦技にするかデバフ戦技にするかは編成で不足している方を選ぶと良いと思います。



デバフ艦として本艦を使うのならば主力のデバフ艦のデバフの底上げを意識した戦技構成を意識しましょう。基本は対空艦なので木曾やマーブルヘッドと一緒に出して対空母デバフを一緒に撒くのが多くなるだろうと思います。言い方を変えると高段位の提督がデバフ艦1隻でバフを打ち消せない時に使う艦なのでそういう環境に居ないのならあまり必要にはならない艦とも言えます。
覚えさせると良さそうな戦技はデバフ戦技です。堕空の密偵を覚えさせて木曾かマーブルヘッドと一緒に使えば割とよく見る戦空の勇進+栄光への飛翔セットの速度バフを打ち消せるので。爆雷艦としては対潜値が高く無いので爆雷特化にするくらいなら戦技:虚影射貫く爆雷を主力の爆雷艦に載せるのが良いのではないかと思います。



戦技:虚影射貫く爆雷 命中を大幅に上昇させる錬成効果で最大威力補正180%になる3隻対象の爆雷戦技 速度で避ける高速潜水艦対策様なのだと思います。初期実装の爆雷艦は命中値が900切っているのが多いので速度の高い潜水艦に苦戦しているなら載せると良いのかも
戦技:抑翼制空 これ一つだと決定打にはならないので他のデバフ戦技と組み合わせて使う事になるでしょう。命中30%減少効果は現状だと効果を体感しにくいと思います。

建造当時は世界の海軍から注目されたネームシップのみのワンオフ艦!!こう書くと強そうですが、実際に優れた艦だったようです。球磨型をはじめとする5500トン型軽巡洋艦(球磨型軽巡洋艦、長良型軽巡洋艦)と同等の戦闘力をできるだけ小型の艦に詰め込むことを目標とし、3,100トン の小さい船体ながら砲力、雷力等の攻撃力は同等であったと評価され、海外の反響も大きく、ジェーン海軍年鑑に特記項目付きで掲載されるなど各国関係者を驚かせました。
小型艦故の問題点はやはり存在し、航続距離では劣り船体に余裕が無い為に改装が難しく後年の要求に応えきれない部分があったようですが、古鷹型重巡洋艦(加古級巡洋艦)以降のコンパクトな艦体に重武装を施す設計思想の礎となった。以上のことから、夕張は言わば「実験艦」として、その建造意義は大きかったといえるとされています。
通常版だと戦技抜き出し様な感じになっていたので、夕張(対空強化仕様)の雷撃が高いのは経歴に相応しい戦闘力を運営が与えようとしたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。