蒼焔の艦隊 矛盾搭載空母推して参る!! 空母:信濃(迷彩仕様)




信濃(迷彩仕様)は装甲が高めの空母です。空母用の身代わり戦技を使わせれば戦技:一切を阻む盾の効果も相まってサブ盾としての運用にも適しています。戦技:万物を貫く鉾から範囲攻撃戦技に繋げて一気呵成に勝負を決める攻撃の主力として活躍も出来ますが、盾として使う場合は戦う艦種を絞った戦技構成にした方が活躍させやすいと思います。同クラスの空母の中では索敵値が低めなので哨戒戦技の奇襲関連の戦技を搭載するのは止めた方が無難かと思います。
覚えさせると良さそうな戦技は攻撃役なら万物を貫く鉾>範囲攻撃戦技>追撃戦技で繋げたいですね。1つは破壊と再生の翼か空撃ニテ烏有ニ帰ス等が威力補正も高いので良いと思います。2つ目は発動率の高い破鎧の追撃か破翼の追撃を載せると三連撃になりやすいです。



盾艦として使う場合はどの局面で使うか決めておきましょう。1鶴翼の衛爆(隼迅の空爆)とフォーボウディングとを載せると砲撃(爆撃)と雷撃を防ぐ盾として機能しますし、2鶴翼の衛爆と隼迅の空爆の組み合わせなら砲撃と爆撃に対応しますが、2の場合は1ターンにどちらか一つしか防いでくれません。
万物を貫く鉾>鶴翼の衛爆(隼迅の空爆)と繋がるようにしておけば攻撃面でも活躍できます。速度で負けていると砲撃が通ってしまいますがサブ盾として使うならばメイン盾が沈む前に身代わり戦技を使う事が多いと思います。
余程航空戦力は充実している人以外は信濃(迷彩仕様)は空母対空母に出す場面が多そうなので、個人的には隼迅の空爆に追撃戦技を載せると攻撃的なサブ盾として活躍させやすいと思います。



戦技:万物を貫く鉾 装甲無視の高威力再行動戦技 撃沈しないと再行動しないが耐えることが出来るのは稀だと思います。
戦技:一切を阻む盾 もう少し壊れ性能でも良かったのではないかと思う名前負け戦技 戦技発動後1隻目からの攻撃無効とかのが回避よりも名前にあってそうな気が・・・。



空母:信濃は艦命がわずか10日なのでどうするのかと思っていたら、強化バージョンは仕様変更で対応したようです。空母:信濃(迷彩仕様)は極の錬成効果が強力ですが、あれを取るだけのインゴットは無いw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。