蒼焔の艦隊 汝の行く末は多機能駆逐艦かそれともただの器用貧乏か!!? 駆逐艦:初霜 




初春型駆逐艦4番艦:初霜の登場です。初霜は覚えさせる戦技次第では雷撃と爆雷を兼ねた運用が出来る可能性のある駆逐艦です。爆雷艦が不足しているなら爆雷艦として運用し、広域爆雷散布Vで潜水艦隊を一気に沈め生き残って反撃してきた潜水艦を迎撃戦技:降霜の瀑雷で完封を狙うのが基本的な使い方でしょうか。錬成効果によって最大90%まで発動率が上がるので迎撃してくれるのを前提に編成を組めるのが良いですね。迎撃戦技は迎撃・反撃戦技を迎撃出来ないので沈めきれなかった時の反撃戦技:反逆の雷には注意が必要です。
純粋に爆雷艦として使う場合に覚えさせると良さそうな戦技は攻撃戦技なら海巡スル爆雷や逆潮の爆雷で自身の安全性を高めながら爆雷攻撃できるものや乱れ五月雨等の行動回数が増えるものが良いと思います。



雷撃兼爆雷艦としての指針ですが、迎撃戦技は一回しか攻撃しないので爆雷パーツを付けなくても戦技:降霜の瀑雷の攻撃回数は変わらないので問題がない。雷撃兼用で使っていく場合は覚えさせる戦技は雷撃系の攻撃戦技を2つ覚えさせパーツは雷撃メインで対潜値はクルーの増加分で底上げすれば、洋上艦と潜水艦の混成艦隊を相手にする時の選択肢が増えると思います。但しこのスタイルで行く場合は戦技:瀬戸の舞などの回避戦技が天敵になります。
戦技:降霜の瀑雷 発動率60%と発動率の高い迎撃戦技 錬成効果で最大90%まで上昇します。使うのを前提にしたいなら抜き出さずに初霜で使うべきでしょう。



吹雪型駆逐艦の次の艦隊型駆逐艦として計画されたが、小排水量に過大な武装を盛り込んだ本型は復元性能や船体強度に問題を生じ、建造は6隻で中止されたそうです。これが由来となって色々出来そうな能力値を獲得したのでしょうか?今後もマルチロール艦への挑戦は続いていくのかどうか気にはなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。