蒼焔の艦隊 電波塔から浪漫空母へ 空母:加賀(三段甲板仕様)




年末年始の極蒼焔祭の艦として加賀が再び選ばれました。特徴を一言で言うと夜間でも活動できる装甲無視の範囲攻撃全体回復空母です。加賀(三段甲板仕様)は能力が高い上に高性能な戦技を持っている可能ならば手に入れたほうが良い艦艇と言えるでしょう。
加賀(三段甲板仕様)は初期搭載の戦技二つで在る意味完成しているので、運用は攻撃と回復の要である戦技:破壊と再生の翼を軸に空母艦隊を編成し、空母艦隊の編成全体を見て必要な戦技を習得させるのが良いと思います。ですので覚えさせると良い戦技の選択肢は手持ちの他の空母次第で変わります。悩むようなら枠の一つは追撃戦技で攻撃回数を増やすのが良いと思います。



戦技:夜翔の決意 戦技:夜間発艦の上位互換 鍛えれば100%発動の火力バフでもあるので加賀(三段甲板仕様)はステータスの数値以上にダメージが伸びます。
戦技:破壊と再生の翼 練成効果で最大威力190%まで上昇します。最大威力だと単体攻撃戦技並の威力で装甲無視な上に発動するだけで洋上艦全部を回復する凶悪な性能です。回復戦技として見ても最も発動率の高い戦技になります。



ワシントン海軍軍縮条約!これによって日本海軍の特徴的な艦艇が生まれていますね。戦艦:加賀⇒空母:加賀(三段甲板仕様)⇒空母:加賀とフューリアスに負けず劣らずの変わり方だと思います。三段甲板仕様は浪漫に溢れすぎているのでやっぱり運用は難しく改装されたようです。三段甲板仕様の空母としては貴重な実戦経験艦でもあり上海事変に投入されました。これを初の機動部隊とする意見もあるそうです。
二年連続年末年始極蒼焔祭の大役を担った加賀さんですが、運営に加賀スキーが一大勢力を築いているのだろうか?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。