蒼焔の艦隊  対爆撃軽巡阿武ガード  軽巡:阿武隈  




久しぶりに新しい盾艦が登場です。メインの盾が装甲無視雷撃などで沈んだ後の爆撃盾としての運用が主な使い方になると思います。盾適性の有る戦艦と重巡には後塵を拝しますが、爆撃盾としての役割からか戦艦並みのHPと装甲を持ちます。雷撃と対潜共に高くは無いので攻撃させようとせずに盾としての能力を伸ばす方向で戦技やパーツを装備させた方が良いでしょう。爆撃回避盾としての能力を持たされていますが空母の集中攻撃を受けるのが前提ですので、一気に回避回数を剥がされて空母の高い火力の前に1ターンで沈む確率は高いと思われます。その為、デバフ戦技は載せないほうが良さそうです。なので盾としての能力のみを伸ばしていく場合に覚えさせると良さそうな戦技はラッキールウやブレイクロスト等が良い気がします。阿武隈の登場で若しかしたら日の目を見るかもと思ったのが重巡:筑摩です。練成効果最大にして戦技:守護神の軍略を3つ積めば爆撃回避回数を更に伸ばせます。その為だけにリソースを注ぎ込めるかという問題はありますが(汗)



戦技:爆撃回避機動 戦技Turkey Shootの現環境対応版。阿武隈で使うと練成効果で回避回数が最大7回まで増えます。軽巡でしか使うことが出来ないので阿武隈から抜き出して使う必要は極めて薄いと思います。



蒼焔の艦隊初期に出た戦技の調整版が今後増えてくる予兆なのでしょうか?戦技:照明弾発射の強化版の夾叉レーダー射撃も予定されていますし。4戦技時代になって戦技の使用感が変わるものも色々出てきましたが、それでもゲームバランス的に使いようが無かったり効果が微妙なものもあるので3年目の蒼焔の艦隊の艦艇はフォローアップ的な性格のものが増えてくるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。