蒼焔の艦隊 ダメージバフの化身 与ダメ更新請負人 重巡:高雄(レイテ沖海戦)




9月限定サルベージで高雄が帰ってきました。最初の一年は初期☆4の高雄で盾艦として使っていたから、愛着が有るので手に入れたいけどもうインゴットが無い(´;ω;`)
高雄(レイテ沖海戦)は汎用型ノ重巡です。色々な場面で活躍できますし、用途に合わせてカスタマイズし易い艦艇といえるでしょう。その反面突出した能力値が無いので特化した能力が求められる局面では後れを取りやすいと思います。
様々な場面で活躍できますが、戦技:軍神の高揚の性能と錬成能力を考えると一番力を発揮するのは夜戦で水雷戦隊に帯同した時です。夜戦を意識した戦技構成にするなら戦技:護衛巡航陣と軍神の高揚をもう一つ追加すれば雷撃バフとしては十分過ぎるものになるかと思います。
やる人は余り居ないでしょうが、幽影戦特化で行くならば不屈の砲火x2軍神の高揚x2で行くとダメージアップお化けになると思います(汗)



戦技:不屈の砲火 高雄の火力が高くないのを考慮してか威力補正が少し高い範囲砲撃。ダメージアップ効果が戦闘終了までなので毎ターン発動すれば砲撃ダメージが最終的に75%アップする地味に凶悪な戦技だと思います。
戦技:軍神の高揚 高雄(レイテ沖海戦)が使用する場合は、練成効果で砲撃ダメージ20%(最大30%)雷撃ダメージ40%(最大50%)伸びますが効果は1ターンで切れます。3つ積み込めば砲撃90%アップ雷撃150%アップするのも可能なので効果時間が1ターン終了なのも納得です。



レイテ沖海戦というのは一つの海戦の事ではなく、シブヤン海海戦、スリガオ海峡海戦、エンガノ岬沖海戦、サマール沖海戦といった四つの海戦で構成されている6日間に渡って行われた史上最大規模の海戦の名前だったそうです。蒼焔の艦隊の命名基準は海戦仕様の場合は沈んだ海戦で付けているのかもと考えましたが、ビスマルクはデンマーク海峡海戦ではなくライン演習作戦だし、海戦仕様版初期の艦なので基準が明確になっていなかったのか、実は特にないのかもしれませんがw
恐らく高雄の場合はレイテ沖海戦を最後まで生き残ったので個別の海戦ではなく総称としてのレイテ沖海戦にしたのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。