蒼焔の艦隊 充実した対潜兵装なれど対潜掃討に従事せず!? 軽巡:五十鈴 




軽巡:五十鈴は高速爆雷軽巡として設計されています。爆雷軽巡として運用するしかない能力になっていますので、雷撃戦技などは覚えさせても活躍は覚束無いでしょう。奇襲や速度差から潜水艦を沈めるよりも先に沈められてしまう軽巡駆逐が増えてきたのでそれに対応する為の軽巡として設計されたのだと思います。その考えは戦技:爆雷先制投射に顕著に現れています。爆雷先制投射は練成効果により五十鈴で使う場合最大威力250%まで上昇するので局地戦などのPvPにおいて耐えられる潜水艦は皆無だと思いますし、幽影戦においても1隻2隻潜水艦が混ざっているステージにおいて力を発揮すると思います。
覚えさせたら良さそうな戦技は爆雷系にするのか支援系にするのか悩み所ですね。戦技:雷神の怒りを覚えさせて1ターンに3回攻撃機会を得るのを狙うのも良い気がします。先駆戦技を撃つだけで何も出来ずに沈む環境に居る人なら支援系の戦技が良いでしょう。選択する支援は自分の手持ちの戦力と良く戦う相手によっても変わって来るのでしょうが、仮に空母を相手にする事が多いのならば戦技:対空牽制防御や戦技:堕空の密偵等は候補に挙がると思いますが自らを生き残りやすくするという方向なら戦技:ラッキールウ辺りはどうでしょうか。とは言うものの実の所空母相手に絞るなら威力は落ちますが先制爆雷投射を抜き出して木曽に載せるのが対空母では有効な気がします。ですので基本対空母以外での高速戦闘における運用を考えた方が良いと思います。



戦技:爆雷先制投射 爆雷艦が待ち望んでいた先駆戦技、これで仕事が出来ずに艦隊が潜水艦に壊滅させられるのを見る機会が減るはず。追撃戦技の発動率が低すぎて一度も発動しない事も多いのに比べたら、発動機会は1ターン目のみではありますが高確率で攻撃回数が増えるのは大きなメリットです。



軽巡:北上や大井等にも見られた日本海軍の能力を生かさない運用を徹底した艦艇シリーズの一つ。wikiに拠ると損傷復旧中に行われた改装で対空装備の他対潜装備も増備された。同時期、日本海軍は対潜掃討機動部隊の第三十一戦隊を編成しようとしており、当初予定されていた軽巡名取に代わって旗艦として編入された。五十鈴が対潜掃討部隊に編入されたのは、名取より電波兵器や対潜兵器が充実していたからであった。と書かれるくらいなので対空対潜艦として高い能力を持っていたはずなのにその最後は兵員輸送艦として使用して潜水艦に沈められるという皮肉なものに(つд・)
負け戦とはこういうものなのかもしれませんがもう少しどうにかならなかったのかなと思う艦艇が多いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。