蒼焔の艦隊 偉人の加護により練習巡洋艦は戦線に加わった!!? 軽巡:ジャンヌダルク




蒼焔の艦隊では偉人英雄の名前を戴いている艦の能力は高い傾向があり、ジャンヌダルクの加護なのか通常サルベージ艦なのに戦力値が10,000を超えています。蒼焔の艦隊における軽巡:ジャンヌダルクは攻撃力は弱いですがHPと装甲が並みの戦艦を凌駕する軽巡です。基本的な運用は最後まで沈まずにバフを撒き続けるのですが、対象が軽巡なので1ターン目で仕事は終わることが多そうです。初期攻撃戦技は爆雷広域散布IVですが持っている練成効果は雷撃バフなのが運用を難しくしています。攻撃力が低いので攻め手に加えるのは考えずに支援艦として運用していく方が良さそうです。練成効果:暴雷の凱旋で味方艦全体の雷撃を10%(最大20%)上昇するのでバフではなくデバフ担当艦にした方が役割が被り難いので活躍させ易くなる気がします。覚えさせると良さそうなのが戦技:白金の悪戯や掃蕩爆雷投射等が良い気がします。



戦技:オレルアンの乙女 軽巡弱体に特化した戦技です。これがあると重装雷艦に悩まされる日々から解放されると思います。抜き出して使っても有用なので戦力が充実しているのなら抜き出してしまっても良い気がします。

蒼焔の艦隊では鉄の乙女の加護により高耐久重装甲を手に入れてますが、史実では練習巡洋艦として建造されていて装甲はむしろ貧弱だったようです。魚雷兵装を減らして浮いた重量を士官候補生と訓練士官の居住施設や教室区画に当てたとあるので、軽巡:ジャンヌダルクの攻撃力の低さはこれを由来としているのかも知れません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。