蒼焔の艦隊 空母機動部隊を守り抜け! 被害担当空母推参!! 空母:翔鶴(珊瑚海海戦)




翔鶴が強力なバフ艦兼サブ盾となって帰ってきました。盾艦が沈んだ後の艦隊を主として全体砲撃から護る盾としての役割が期待されていると思います。それ故に高速戦艦と同等以上の速度が与えられているのでしょう。先に動いて戦技:鶴翼の衛爆を使わなければ意味が無いですしね。砲撃から主力艦を守る為の空母なので、迎撃反撃戦技で沈んでは意味が有りません。その為に戦闘機は抑え目にバルジやタービンを積み込んでも良い気がします。翔鶴(珊瑚海海戦)はこの艦単体では余り活躍できませんが、攻撃の要となる空母と一緒に出撃させることでその力を発揮します。覚えさせると良さそうな戦技は戦技:砲戦緊急退避や戦技:偽りの撃沈等が良さそうな気がします。



戦技:鶴翼の衛爆 威力の高めの攻防一体の範囲攻撃戦技。と書けば良い感じですが装甲の薄い空母で使うとただ袋叩きに会うだけなのです(汗)双方が強力な攻撃力を持って乱打戦を行う場合に盾艦が沈んだ後に範囲砲撃で味方艦隊が壊滅するのを阻止する使い方が一般的になると思います。移植させて活躍可能な空母は信濃等の一部の装甲空母だけですし、攻撃の要になる空母には移植しない方が良いでしょう。
戦技:気高き後援 火力を大幅に上げて艦載機を直す強力な戦技です。問題は翔鶴(珊瑚海海戦)の役割的に最後まで残ってない可能性が高いのがw抜き出して使うならワスプ等の盾としての役割を持っていない空母に載せれば活躍してくれるでしょう。

翔鶴は高いダメージコントロールと被弾しても高速を維持できる空母だったようです。翔鶴型空母2番艦瑞鶴との作戦行動時には翔鶴が損害を受けることが多かったそうなので、
戦技:翔鶴の衛爆はそういう由来から来ている能力なのかもしれません。帝國海軍最古参空母にして、空母機動部隊壊滅まで戦い続けた翔鶴の戦歴を読んでるともう少し強くても良い気がします。初期☆4リバイバル艦なので余り強くできなかったのかもしれませんが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。