蒼焔の艦隊 神の祝福か悪魔の加護か 不滅の炎を纏いし空母 改大鳳




空母としての性能は、搭載機数は普通ですが重火力重装甲でその装甲は武蔵を越える重装甲です。能力値はステータスの割り振りが素晴らしく、付けるパーツ次第で色々な状況に対応しやすいです。唯一速度だけが遅めですが簡単に沈むHPと装甲ではないので先手は僚艦に頼っても問題ないと思います。
艦隊全体に付ける錬成バフはありませんが、練成効果で鳳の炎撃の威力が最大30%上るのでメインアタッカーとして向いています。
覚えさせると良さそうな戦技は不滅の鳳凰のメリットが行かせる諸刃の空撃か強攻至近爆撃だと思います。範囲戦技は鳳の炎撃が十分強いので、盾艦対策で装甲無視戦技が良い気がします。



戦技:不滅の鳳凰 不滅の航空戦力が現われた!!?減らない航空機って一体?謎な力が漲った戦技ですがこれにより対空戦技が無効化され諸刃の空撃や強攻至近爆撃のデメリットが無くなります。※2019年3月の極蒼焔祭サルベージ10回のオマケで手に入るので空母メインの人はこれを目当てに回しても良いかもしれません。
戦技:鳳の炎撃 修正値の高い6隻範囲攻撃戦技ですが、残存機数の減少によって威力が減るので不滅の鳳凰無しでの運用は微妙な感じに(つд・)



完全に仮想戦記艦かと思ったら、改大鳳型は改マル5計画で5隻の建造が計画された航空母艦であり、日本海軍が設計した最後の本格的空母だったそうです。
何となく設計の経緯や建造中止の時期を思うと、英霊召喚された航空機で戦うイメージが沸いたのでそれで不滅の鳳凰の戦技が付いたのかもしれないですね。自分でもこじ付けが酷いとは思いますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。