蒼焔の艦隊 その名前での戦歴は無い!後の通信中継艦 改名空母サイパン 




穴が無いのが強みの空母ですね。能力的に局地戦用空母な気がします。武蔵等の殴られて反撃からの緊急修復で回復し続ける不沈艦戦術に対する運営からの回答の一つ。制空の戦略は悪天候だと発動しないのでカウンター優勢な環境に一石を投じるまでの影響が出るかどうか。一つの戦術を完全に潰しかねないのでバランス調整に慎重を期した結果なのであろうと思います。
能力的には高レベルバランス型の能力値です。艦載機数が増えないので制空権を取る用の運用はやや不利な点があるくらいで配備するパーツ次第で色々な役割を任せられそうです。戦技:制空の戦略は奇襲が取れたらでは無く、発動判定に成功したら効果が出るので発動失敗を祈るしか対策がありません。こう書くと凄く強そうですが、強力な戦技ではあるのですが相手があまり回復を使ってこない環境であるなら有用なのが速度低下効果のみです。サルベージで狙うかどうかは今自分の居る環境次第な所がある気がします。
戦技だけでなくスキルの応急修理も無効化できますし、私はまだ確認できてないですが、ヘルプで行くと修理不能効果のケース3になるのだと思うのですがツタンカーメン等の撃沈回避系にまで効果が及ぶのならイベント等でも晴れていれば効果は大きいですね。残りHP1なら直ぐ沈めれるのでw
サイパンは練成効果に味方全体の速力を10%アップ(最大20%)を持ちますが、能力的に尖った部分は無いので空母が揃っているならば強化せずに戦技:制空の戦略を抜き出したほうが良いかもしれません。使っていくのならば無数の戦力や龍の領域等の補助的なものが良いと思いますがその為に戦技元の空母を潰してまで使うかどうかは悩むところです。バランスの良い能力値ですが尖ったところが無いので用途に特化させた運用の難しい器用貧乏タイプに成りがちな空母ですので。無難行くなら覚えさせる戦技は単体攻撃系の急降下爆撃などが良い気がします。



進水したのが終戦間近で就役したのが戦後ということもあって直接の戦闘は行わなかった空母のようです。大戦後、種別が通信中継艦に艦名がアーリントンに変更されています。
改名後に唯一参陣したベトナム戦争でも通信中継艦という役目上戦闘は行って無さそうです。任務の多くは訓練や救助活動、有人宇宙船回収などで、自衛隊を想起します。
サイパン(アーリントン)は平時における軍隊のあり方の一例を示した空母なのかも。この様な平和的な空母に戦技:制空の戦略が搭載されたのは通信が戦略上重要なのを加味されたからかも?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。