GODZILLA  星を喰う者 怪獣特撮はもうハリウッドのものであるという意味での最終章・・・・・orz




アニゴジの最終章・星を喰う者が上映されたので見てきました。感想としてはダメですな・・・・・・。
パンフレットとキーホルダーを買いました。キーホルダーの護符っぽさが気に入ったのでw問題は車のスマートキーに家のカギとか付けちゃうのでキーホルダーの出番自体が無いところか(´;ω;`)
ここに書いてた予想というか願望は全く成就しませんでしたw成就してたらしてたで荒れた気がしないでも無いような気はしますがwwエタリンでの復刻ゴジラコラボが無いのは悲しいな(´Д⊂
ここから映画の感想を書き連ねるのですがネタバレも含みますので何も知りたくない人はこれ以降読まないようにしてください。







先ずは何がダメかというと最後の最後まで怪獣同士の戦いといえるものが無い(怒)監督とか確か最後だから派手に行きたいって言ってたじゃないか、必殺技をバンバン撃つっていってたじゃないか!!
それなのにギドラが引力光線すら吐かないとはどういうことだ(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻
その時点でおかしいと誰も思わなかったのかよ・・・・・・ヽ(`Д´)ノ
そしてモスラの扱い、結局のところ怪獣としてのモスラは登場しません。ハルオとメトフィエスの二人の世界を壊しに精神体としてほんのちょこっと登場するだけでバトラにいたっては影も形もありません。小説読んだ限りだと確か卵は二つあったはずだよね?
アニゴジシリーズの一番の問題点は全体的に怪獣要素を雑に扱っていると感じるのですよね。
2作目VSメカゴジラ要素皆無のメカゴジラ!!
3作目VS引力光線を吐かない首だけギドラ!!これだったらゴジラでやらなくても良いじゃないかヽ(`Д´)ノ
本編上映前に流れる来年の五月公開予定のレジェンドリーゴジラの怪獣感満載の予告を見ると強くそう思います(つд・)
これがゴジラでなければ面白いと思えるところはあるのですけどね。ハンなりと滅びるって素敵やんヽ(´ー`)ノって進めてくるメトフィエスとかフツアの伝統行事になったハルオとか少し笑いましたw
エクシフの言っている事にデジャブを感じたので思い出したら、今更ながらに見たダーリンインザフランキスに出て来るVIRMと似たようなことを言ってますね(汗)肉体を捨てよう系の考えだから言うことも似てくるのかな。
時は我らの味方だの我々は不滅だのずっと見ているだのと・・・・・迷惑だから放って置いて欲しいですね(ーー;)
気になってたもう一つの移民船オラティオ号ですが、メトフィエスの言い草だとあちらが正真正銘の移民船で多分移住できてそうです。ギドラに供物を捧げる為に一部の神官たちは生き残り続けてきたようですし・・・また収穫の時期が来たらギドラ呼びそう・・・・そういう意味では人類はギドラの脅威から全く解放されていないというw
アニゴジは怪獣特撮好きの望んだものではありませんでしたので、怪獣成分は来年五月のハリウッド版ゴジラに大いに期待しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。