蒼焔の艦隊 2019年4月13日追記 かつて万能だった露払い 高速戦艦 霧島




2019/4/19追記 ☆7艦種改装によって艦毎に特徴が大きくなった結果☆6時代のような万能型は消え去りました。霧島には高速戦艦となり速度は大幅に向上しましたが、HPと装甲は戦艦の中では最低レベルになりました。多段攻撃戦技が増えてきた今では戦技:途切れぬ戦意があっても盾艦適正はほぼ無いといえるでしょう。火力もインフレの進んだ今では高いといえませんが、活躍の場が無くなった訳ではありません。速度を生かして駆逐軽巡を動く前に沈めることが狙えますし、熟練提督の直感などの回避戦技を本命の火力の前に削ったり剥がしたりできます。迎撃反撃戦技を食らっても途切れぬ戦意で回避できるので露払いを努めながらも生存率の高い戦艦です。
戦技:途切れぬ戦意は火力雷撃関係なく攻撃を回避できる戦技です。霧島で使えば練成効果で最大7回避けれますが、今となっては霧島に貴重な錬成素材を使うかどうか悩むところです。何でも避けれるのは強みですが移植先は戦艦のみなので霧島で使うのが良い気がします。抜き出して使うなら霧島と同じ高速戦艦型に覚えさせれば装甲の薄さを補ってくれるでしょう。

☆6時代の私見です、記録の為に一応残しています_(._.)_
戦技途切れぬ戦意は霧島だと練成0で5回避けれます、強化していけば7回避ける高性能戦技です。移植しても優秀ですが、真の力を発揮するのは霧島なので移植させずに霧島で使うことを考えた方が良いでしょう。覚えると良さそうな戦技は霧島に何をやらせたいかによって変わります。艦隊の防壁を覚えさせれば磯風よりも優秀な回避盾になるでしょうし、メイン火力にするならば高い火力と速度に戦技:全砲門斉射Vを持っているので無ノ双撃や鉄血宰相の猛攻で無慈悲なコンボを決めるも良し、反撃系戦技:逆襲の猛攻等を覚えさせて避けて打ち返すスタイルにするのも良いでしょう。提督の様々な要望に応えられる戦艦、それが霧島の長所だと思います。回避盾にした場合、発動すれば確実に避ける戦技と攻撃を喰らった場合も高いHPと装甲を持つので磯風よりも安定した働きをするでしょう。

霧島の逸話に攻撃を避けまくったみたいなものは特に無いようなのですが、霧のように避けるとか霧散とか霧という言葉のイメージから来ているのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。