頼り切れない回避盾 磯風 2019/2/1追記




磯風の固有戦技:見切りの極意ですが練成効果によってRANK0で+15%RANK5で更に+15%されて最終的に100%で発動して回避率60%に達します。9/4追記:(8/31アップデートで練成効果の上昇率が上方修正されRANK0で+25%RANK5で更に+25%されて回避率80%まで上ります。)見切りの極意の真価を発揮する為には磯風でなければならない為、戦技抽出して移植する意味は薄いといえるでしょう。駆逐艦の戦技には相手の攻撃を引き付けるものが無いので回避盾として運用する為にはクルースキル:ブルハルゼーと大挑発が必須になりますが、それでもかなりの運頼みなので磯風自体は沈まなくても盾として見た場合の信頼性は今一なものに・・・。覚えたら相性の良い戦技は回避特化なら雷撃緊急回避かビギナーズラックを覚えて事故の確率を減らすといいと思いますが、練成効果により雷撃と速度が基本能力485と雷撃と速度が共に1000を越えて優秀なので沈みにくい駆逐艦として攻撃の主軸を任せられる能力を持っています。爆雷系の戦技を付けて島風の上位互換として運用するも良し、反撃系戦技を付けて避けて打ち返すのも良し。どの形でも活躍できる駆逐艦が磯風だといえるでしょう。
2019/2/1追記:練成効果を最大に上げて幸運の風を覚えさせた今は雷撃パーツを積み込み、クルースキル:東洋艦隊司令長官で攻撃を引き付けながら殴り倒しています。迎撃戦技は迎撃・反撃戦技には発動しないのでカウンター編成が弱点です。なので、沈む時は簡単に沈む(つд・)



私個人としては、磯風に破壊者の意地をくっつけて懲りずに真・装甲駆逐艦として運用しようかなと思っていたり居なかったり・・・・・。磯風ならきっと酸素魚雷を避けてくれる(´д`)9/21追記:とか言っていましたがその後、雪風が実装され戦技:幸運の風が相性良さそうなので1周年記念サルベージのオマケで磯風に付けてみました。使っていて思った回避系戦技の性質はスパロボでいうと提督の直感などがひらめき、見切りの極意は分身、幸運の風は集中に属すると思います(幸運の風は命中上りませんけどねw)。なので、幸運の風が発動しても見切りの極意の回避が100%にはならないと思いますけど、スパロボでのオーラバトラー勢で判るとおり分身との相性がいいのはひらめきではなく集中なのです。見切りの極意分身枠の根拠は、発動時にミスと回避が混在していたことがあったので見切りの極意の判定(発動ではない)タイミングは命中判定して命中した後再度見切りの極意で回避判定していると思われます。見切りの極意で回避した場合は戦闘履歴にミスとしか残らないので普通に避けたのか戦技なのか分らないと思いますが上方修正後は結構避けてくれます。
※装甲駆逐艦とは盾役の戦艦重巡の手に入らない我が艦隊が秋月極に正月サルベージのオマケで手に入れた小型バルジ改をガン積みして盾をやらせようという間違った発想から生まれた構想である。その性能は戦艦並みのHPと装甲値1000を超え、装甲に関しては未だに我が艦隊最硬。初期のイベント戦の敵ロジックが駆逐艦を沈めに来ることが多かったので意外と役に立っていたが、如何せん駆逐艦のHPではバルジで強化していても酸素魚雷速射の一撃にあえなく沈む為にその役目を終えた。根本的に間違った駆逐艦の運用なので良い子はまねをしてはいけない!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。