邂逅 絶望のマーシャル海戦 前編突破




使用旗艦戦技:出力効率向上III 最後の一航戦IV 使用陣形:輪形陣
確認できた相手の使用戦技 旗艦技:IV 戦艦戦技:艦隊の防壁 熟練提督の直感 全砲門斉射V 重巡戦技:守護神の軍略 全砲門斉射IV 駆逐戦技:強襲連撃 酸素魚雷速射 広域爆雷散布V 潜水艦戦技:潜特型の奇襲 ツタンカーメン 海底からの狙撃(ターン始めに威力40%の雷撃 延焼させる)水雷乱舞 崩壊の痛撃 スキル :重巡 撃沈回避III
今回のイベントのテーマは単体高威力の戦技を見直しましょう!だと思われます。戦艦の使う艦隊の防壁が強固で範囲系戦技を二艦以上止められると勝ち目が薄くなります。空母の速攻の焔や急降下爆撃で戦艦を排除させるのが運営の意図した勝ち筋ではないかなと。今回の駆逐艦も速度が800以上なので頭を抑えて沈めるのは望みが薄いです。流れとしては潜水艦と駆逐艦の攻撃3回を凌ぎ、駆逐と空母の単体攻撃戦技で戦艦を沈めた後に戦艦か重巡の範囲攻撃で残りの洋上艦を一掃、残った潜水艦を駆逐艦で沈めるというものです。



重巡①④の速度は383以下356以上、戦艦の速度は356以下です。この速度よりも遅いとクリアするのは無理です。戦艦と重巡が範囲攻撃持ちなので動かれるとこちらの駆逐艦が高い確率で沈み、駆逐艦が居ないと潜水艦が倒せないので負けます。潜特型の奇襲を使う潜水艦②の速度は速度上昇スキルが発動しない場合は速度495以下430以上ですが、速度上昇が発動した場合は速度628以下567以上にまで上るのでどちらを基準に持ってくるかですね。潜水艦②はツタンカーメン使ってこないようなので範囲対潜戦技を持っている駆逐艦が居るならこれで沈めて安全確保、持って居ないなら島風の様な範囲魚雷と爆雷戦技を持っている駆逐艦で戦艦を削るか潜水艦を沈めるかのどちらかを狙ってもらいましょう。駆逐艦が居ない人は空母の速度を潜水②以上に上げて戦艦を沈めた後は役目が終わりなので壁代わりに使いましょう。潜特型の奇襲は時々使ってこないことがあるのでそれを待つのも手ではあります。
今回のイベントで必要なのは火力と速度なので旗艦スキルもそれを重視して選択しましょう。索敵値は捨てても問題ないのでソナーやレーダーは火砲や雷撃パーツに変えて攻撃力を上げました。海底からの狙撃は高雄が艦隊の防壁を使うと何処においても狙ってきたので、これで海底からの狙撃と酸素魚雷速射に一回は引き受けることができます。酸素魚雷の発動率は高く2回とも酸素魚雷というのも珍しくありません。被ダメ見てるとHPを少々上げても耐えれそうに無いです。もう一撃は空母を狙う傾向が強いので空母は最低二隻配備して置いた方が良いと思います。空母と駆逐で戦艦を沈めた後、潜水艦に攻撃されても空母は役目を終えているので沈められても問題はなく、戦艦はHP1672装甲604あれば崩壊の痛撃を全段食らわない限り耐えられました。水雷乱舞なら駆逐艦ならかなり避けてますので何とかなる場合が多いです。ここまで来てもこちらの戦艦・重巡が全砲門斉射を発動してくれなかったら負けが濃厚になるので中々大変でした。戦艦は☆5の火砲パーツ4つ付けて旗艦スキル補正無しの火力1295だとオーバキルっぽかったので旗艦スキルで上げるなら火力1000辺りでも倒せそうです。駆逐艦の対潜は700あれば相手の潜水艦は一撃で沈むので☆5の雷撃パーツ5つ積みでも行けました。駆逐艦の雷撃は875ですが、全魚雷乱射が発動して攻撃回数が集中して戦艦のHPを半分削れるかどうかでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。